ペニス増大サプリの飲み方で効果は違う【飲み合せ技も!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペニス増大サプリにしろ、シトルリンやマカといった精力・健康サプリにしろ、飲み方で確かに効果は変わってくる。

たいてい商品に飲み方の詳しい説明はなく、「1日○錠を目安に…」といった表現がされている。
だいたいは入ってる容量が1か月分なので、それを30日で割ったのが1日の錠数となっている。

ペニス増大サプリにおいての飲み方で話をすすめていく。
1タイプ(錠剤またはカプセルの種類)の場合、2錠~8錠くらいまで目安になってる事が多いが2ー3錠であれば、一気に飲むのが普通だが、4錠以上となると2回に分けるのが普通だろう。
しかし経験上、一気に飲んだ方が明らかに効いてる実感、実際の効果は上がる。
用法説明に「分けて飲む」と説明がない場合は、一気飲みが効果的だ。

3タイプ(錠剤またはカプセル3種)の場合は、間違いなく3錠一気。3タイプは体内での相乗作用力が重要で、効果的に3種が作用する為にも一気に飲まなければならない。
2タイプ(錠剤とカプセル)の場合は、どちらでも良いが、近年のゼナフィリンやアデロインといった成分100種系のハイスペックサプリは、相乗作用力が高いので一気に飲む方が効果的だ。

また飲む時間帯も重要なのだが、これは個人差があるので断定はできないが
基本、「自分の頭冴えてる時」「体内が活発であろう時」に飲んだ方が作用しやすく、効いてる実感、実際の効果は上がってくる。
たいていの人は昼過ぎだろう。

しかしこれは確実ではないので、1日でいいので飲む時間帯を変えていき、効果的な時間帯を見つけ出していくのがベストな方法となる。

なおサプリマニア達は週に2-3度、1日の用法を超えて飲んだり、違う増大サプリと併用した飲み合せをしたりして、更なる効果を高めている。
ハイスペックで安全性が高い選ぶべきサプリを使用しているからできる技である。

安全性が高い日本製だから、日本は健康や安全を重視しているから用法は元々弱めに書いてあるということも関連して、こういった技が生まれたのだろう。

ペニス増大サプリの飲み合わせ【奥義】とその効果

ペニス増大サプリにおける飲み合せとは、自分が使用しているベースのサプリにもう1つ別のサプリを組み合わせること。同時に飲むのではなく、午前と午後などその日のうちに時間を分けて飲む。そうする事でサプリの各々が持つ効果を更にアップさせる。

飲み合せという技が生まれたのは、2タイプ(錠剤とカプセル等)が誕生したあたり。それまでの1タイプは成分数・成分種、増大構造が限られて効果も薄かった。2タイプは成分が100種になるなど、全体的なレベルが上がり効果だけでなく安全性も格段に上がった。
その中でサプリマニア達が、安全性が上がったのならば、1日に飲む錠数を増やせば効果が上がるのでは?と生み出されたのが飲み合せ。ということ。

しかしこの飲み合せは何でも効果がアップするというものではなかった。
ペニス増大サプリに含まれる成分や構造は、大抵が似ている為、単に過剰に摂取しているだけで、効いてる実感力は上がっても実際にペニス増大効果がアップするのはには微力だった。
主に亜鉛やマカ、シトルリンやアルギニンといった安めの精力サプリと組み合わす者が多かったが、これも当然微力であった。

そして、初めて3タイプが登場(ジスペリン)した辺りから、飲み合せは本格化する。
これ以降、高スペックサプリが数種登場したことで「高スペックサプリ同士の飲み合せ」が効果が格段にアップすると広まり飲み合せユーザーが加速。

成分数や成分種が似ていても、高スペックサプリは独自の増大構造を持つ為、その更なる強化あるいは別の特徴をプラスするなど、単なる過剰摂取に留まらず、高い実感力とペニス増大効果を生み出した

これまで成分100種以上の2タイプ同士3タイプ同士、成分100種以上の2タイプと3タイプなどの飲み合せが主流となっている。
例えば
3種集中作用で増大効率が最も良い最新3タイプのグライバル(3タイプ)に再増大構造(増大特化)に特化したゼナフィリン(2タイプ)を組み合わせたり、
細胞強化と基盤強化で大幅に増大効率を高めた最新の最高スペックのボルギア3(3タイプ)を組み合わせ、3タイプ同士の体内での相乗作用力をアップさせ効果力アップを狙ったり、
など、効果アップとなる理論を持って組み合わせなければ、飛躍的効果アップとはならない。

飲み方も1つの重要な効果のポイントになるので、飲み合す際はその2つの飲み方も調べた方が良い。

また安全度の高いシアリス系定期型精力剤(ジョナリス)との飲み合せも誕生し、
硬い勃起や膨張感、いつでも勃起できる安心感をもつ精力剤とペニス増大の両効果を得る飲み合せまで存在し、
安全度が高まる事でペニス増大や勃起強化の効果アップの幅が更に広まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。