【素人】ペニス増大にシトルリン、アルギニンは重要なのか? まだ評価はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペニス増大サプリや精力サプリに必ずといっていい程入っているシトルリンとアルギニン。
ペニス増大にとって重要なのかという疑問。

シトルリンはスイカ等に含まれるアミノ酸で、2000年頃このシトルリンに精力効果があると広まり、
ペニス増大サプリ自体の人気に火をつけ、今日まで人気を持続しているといっても過言ではない。

しかし実際はシトルリン自体は勃起の硬さなど効いてる実感は殆どない
シトルリン本来の効果は、ダイエット効果の方が優れている。

シトルリンは精力の基盤となるものを構築していくもので、効果がすぐでるようなものではなく、
長い間飲んでいった結果、ペニス増大・精力アップしやすい体質にする、と考えられている。

アルギニンも同様、アミノ酸で人のエネルギーとなるものを構築する。
運動機能上昇や健康維持の効果がメインとなる。
アルギニンも大量に摂取したからと言って、勃起や増大に影響するのではなく、
あくまで長期間摂取して、増大や精力アップしやすい体質をつくるもの。

つまり
精力成分として有名なすっぽんやマカなどを「直接的」な効果とすると
シトルリンやアルギニンのようなアミノ酸は「間接的」な効果になる。

シトルリンが知られ増大サプリが広まった当初、
実感がほぼないものなのでペニス増大サプリ=効果がないものと認識されたのも事実。
シトルリンやアルギニンの量を増やした、高品質などを謳うが、結果は同じ
未だにそういったモノは多く存在するが。

成分上でペニス増大が語られる最もな意見は、
シトルリンやアルギニンのようなアミノ酸
すっぽんやマカなど多くの直接的(精力)成分
ビタミン等の健康成分と組み合わさる事で初めて
ペニス増大や勃起力などの効果が高くなる
と考えられている。

以降、ペニス増大サプリの成分は増えていってるし、2タイプ(錠剤やカプセル)、3タイプと進化しており、
ペニス増大の成功をあげていってる、という流れだ。

結論はシトルリンもアルギニンも
増大体質を構築していくもの、
ペニス増大にとって、入ってて当たり前の必要な成分。
量や質にこだわる必要はなく、長期持続が重要。

当サイトでこっちにもまとめてあります。
【勘違い確定】シトルリン?マカ?精力・ペニス増大には効果弱!

実際、効果検証してるところでもシトルリン系サプリはダメみたいです。
【注意!】シトルリンがメインのサプリ被害報告増加
【シトルリンはアカン】DHCやNOW、協和発酵などシトルリン系サプリとゼナフィリン増大効果
健康維持くらいに思っていた方がいいですね。

記事評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。