ペニス増大役立つ情報

【スペック=効果】ペニス増大失敗回避の比較サイト 4.1/5 (108)

前の記事で増大サプリのスペック等の比較サイトを紹介したが、
新たな面白く信用できそうな比較サイトを見つけたので紹介しよう。

ペニス増大サプリのスペック比較サイト

このサイトはネットで有名どころのペニス増大サプリをスペックだけでなく、2カ月の増大効果も比較している。

アフィリエイターが謳う効果を撲滅!

ネットで出回っているペニス増大サプリは、
商品によってはアフィリエイターが数多く存在している為、
「増大した!」などとイイことばかりの効果を謳っているモノも少なくない。
これではユーザーが信用し失敗する事態を招く事も多いだろう。

例えば「ペニス増大サプリ」で検索し上位に出てきた比較サイトを見てみると
「ヴィトックスα」「ゼファルリン」「ペニトリン」「ギムリス」「リザベリン」などを紹介して効果を謳っている。

また他のサイトでもこれらの商品を推奨している比較、ランキング、ブログサイトが数多く存在している。

この事から、これらの商品はネットで宣伝してお金を儲ける「アフェリエイター」を雇って、売り上げを立てている。
例で上げたサイトなんかはアフィリエイターによるものであろう。
まあ公式購入ページへのリンクなんかを見れば、一発でわかるんだがな。

当然、アフィリエイターは効果があるように謳わななければならない。
故に効果があるばかりで信憑性が欠ける。

もちろん実際に増大効果がある商品もあるだろう。個人差だからな。

これの何が問題点なのかと言えば、
アフィリエイターが扱う商品は「古いモノが多い」または「スペック的に低い」という事だ。

例で上げた商品なんかは殆どが数年前に登場した古い増大サプリ。

ペニス増大サプリは年々進化している為、どれも値段が変わらない事から
「最新のモノ程いい」
と言われている。

しかし現状、購入者はそんな所に注目しないし、いつ発売されたかという情報も詳しく調べないとわからない。
よって検索時に目につく効果があるように謳っている商品を購入してしまうわけだ。

嘘のつけないスペックで比較する唯一のサイト

この暴露比較サイトはそんなネットで目立つ商品を、
「本当に効果があるのか」
数人で実践していると共に、
「発売時期」「成分」「構造」「価格」
の嘘のつけない「スペック」で比較する事で真の検証をしている。

ざっと見たところ、1つの結論が出ている。
それはやはり「高スペックのモノ」が効果があるという事だ。

俺もその通りだと思うし、単純に考えても同じ値段なら古い低スペックのモノは選びたくないからな。
たとえ増大が失敗するにしても、イイモノを選びたい。

まあ効果がどうあれ、
この暴露サイトはそんな分かりにくい「スペック」情報を知る事ができるので貴重なサイトだと俺は思う。
参考にしてみると良い。
【効果なしを見極め!】ペニス増大サプリのスペック比較

またペニス増大や精力サプリの効果については昔からある「【効果検証】ペニス増大サプリ・精力剤調査」が有名。
ペニス増大サプリ・精力剤調査
100種を超えるサプリ検証、その他増大関連の情報も豊富なので参考なるだろう。

記事評価

【急げ】ちんこデカくするなら若い方がいいのかw 3.91/5 (69)

ペニス増大サプリなり、器具でトレーニングなり、チントレなり、
ちんこを大きくする際に「年齢」は関係あるのかっていう質問がよくある。

ペニス増大サプリ関連販売の増大調査結果や
チントレしてる個人ブログ、複数人で増大を挑戦してるサイトなど、
あらゆる情報を収集したが、予想通り
若い方が効果が出やすい!

年齢が若い方がペニスを増大させるのに有利な点がいくつかある。
まず、
サプリでもチントレでも
ペニスを増大させる基本概念は「血流」によるもの。
血流を効率的にペニスに送り込み、量を増やすなり作用させて増大する。

血流=血行

血行って当然若い方がいいよな。
血行改善の代表例っていやー
食生活と運動だろうが、
確かに年を取るにつれ食生活は乱れるし、運動しなくなるな。
血行を悪くする酒やタバコの量も違うだろうしな。
睡眠時間が足りなかったり忙しさやストレス等、何かとハンデが多そうだ。
血がドロドロしてると確かに、「効き」が悪そうだ。

血流を良くして効率のいいチントレについてはまとめてあるから参考にしてくれ
【自力でチントレ】ペニス増大効果アップのトレーニングのベスト!

でもペニス増大サプリの場合、
若い方が効きやすいってのは確かにあるが、
それより年齢関係なく「健康」の奴が増大してるデータもあるので安心してくれ!

他に若い方が増大しやすい点は
・細胞が活発
・成長ホルモン量が多い
・興奮を感じる勃起指令を出す脳神経が作用しやすい
・感度がいい
・性欲が強い
などがある。

細胞や成長ホルモン、感度、脳神経を活性させるのは
高スペック(2タイプ以上、成分60種以上)のペニス増大サプリに
そういった作用があるアミノ酸や植物成分が含まれているので補う事ができる。

性欲が強いってのも大事で
つまり興奮度が高いってことなんだが
常日頃、興奮しやすい状態の奴は、
少なからずペニスが膨張している状態(1割勃起)にあるという。
血流量を増やしやすく、効きやすい状態にあるみたいだな。

知恵袋なんか見てても若くしてちんこの大きさに悩んでる奴はいっぱいいるみたいだが、
そん時にサプリなりチントレなりで対策した方が、絶対に効率は良く、
増大しやすい!
ってことだな。

ただ年齢を重ねてる場合も
食生活や運動の改善、高スペックペニス増大サプリ、チントレの努力が一層必要となるだけであって、
大きなハンデとなる事はなさそうだ。

ペニス増大と年齢との関係にもっと詳しい情報があったので
【遺伝だけじゃない!】ペニスが成長しない5つの原因(【ペニス増大】サプリ効果のマニア情報)
【やはり関連】年齢によるペニス増大の効果(ペニス増大のサプリや精力剤,チントレ【効果の事実】調査)
【中高年に光】ペニス増大に年齢制限はあるのか?(ペニス増大マニア)
参考になる。

記事評価

【勘違い確定】シトルリン?マカ?精力・ペニス増大には効果弱! 3.76/5 (67)

ペニス増大や精力アップにとって必要な成分とは何か?
知恵袋や精力関連サイトを調べると実にくだらんものが多いな。

多く出てくるワードと言えば
シトルリン、アルギニン、マカ、亜鉛、クラチャイダムなど…
これらを摂取すればいいと思ってるやつが非常に多い。

精力実感はほぼばいアミノ酸のシトルリンとアルギニン

シトルリン

増大や精力サプリの広告でよく効果を謳われる成分であり、アミノ酸の2つ。

シトルリンについてだが
これは増大サプリが流行るきっかけになったとも呼ぶべき成分。
増大系サプリが普及して十年以上経つが未だにシトルリンをメインとしたモノが多い。
流行ったきっかけは、
シトルリンはスイカなどに含まれる成分で精力効果あると大々的に提唱されたからだ。
しかし、実際は精力実感は殆どない。
シトルリンはそもそも体を構成するアミノ酸の一種で、効果的にも運動機能の向上がメイン。
ダイエットサプリや健康サプリに幅広く使われている。
なので精力・増大サプリに至ってはそれだけで十分な効果をはたせず、
「増大の為の体質を構築する成分の1つ」
に過ぎないことを覚えといた方がいいだろう。
入っていて当たり前、特化する必要はない。

アルギニン

アルギニンについてもかなり不透明なもの。
普段の食生活で十分補える成分で「元気の源」といった漠然とした成分
元気になった程度で精力実感は殆ど感じない。
健康サプリであればたいてい入っているだろう。
これも入っていて当たり前、重要視する成分ではない。
というのも、精力・増大サプリに含まれる動物系、植物系成分に元々入ってるからだ。

亜鉛もアルギニンと同じく、単体で配合されてることはあるが、
そもそも牡蠣など他の成分に含まれてる事が多い。
摂取したからと言って、それだけで元気になる・勃起に影響する、精力実感があるってものではない
他の精力成分との相性がいいので、できるだけ多くの成分が入っているものがいい。
精子の量を増やすという明確な効果はある。
シトルリンやアルギニン同様、増大の為の体質を作る成分の1つに過ぎないな。

これまた精力実感が低い植物成分

殆どの増大・精力サプリに入っている植物成分。中でも多いのはマカやクラチャイダム。
特にマカは成分としての認知度は高く、それだけサプリに入ってはいるが、
決して「効いてる!」と実感が高いモノではない。

マカ

シトルリンと並んで精力サプリでメインとなるのが多いマカ
個人的には一番無意味だと思ってるが、
マカは植物系の精力成分で、アミノ酸は豊富だが精力に関しては、アルギニン量が豊富ってだけ
俺もいくつかマカメインのサプリを飲んだ事はあるが、
飲み続けても勃起に影響する精力実感などなく、健康・元気だなという効果しか期待できん。
この延長上にあるのが、クラチャイダム
これも更にアルギニン量が豊富だが、精力実感など殆どない

安いサプリには安い理由がある。

シトルリンやアルギニン、亜鉛、マカの何が危険かって
これらがメインとなってるサプリは、2000円から5000円前後の安いものであり、
スペック的には成分10-20種前後の「健康サプリ」レベルのモノが殆ど。
体内での作用効率とかも考えると、
そもそも勃起とか増大とか、期待しちゃダメなんだな。
まあ値段も安いしな。
「健康になった結果→起ちやすくなる…かも」
って覚えといた方がいいな。

一方、ペニス増大サプリは構造・理論もあるから、
イイモノはそんな少ない成分数にはなっていないんだが、
例えばベファインやゼナフィリンといった高スペックサプリと比べると、
健康サプリ(クラス)は
配合成分数が10種前後なのに対し100種以上、
錠剤あるいはカプセルの1種を服用に対し3種服用、
など、これだけの要素だけでも、そもそもの構図が違うのがわかる。

増大サプリは日々進化し続けているのだが、進化を追及していくと
「体内でいかに相乗作用力があるか」
が効果・実感を生み出す。
その為、動物・植物精力成分だけだなく、アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど
精力効果をもつ成分以外にも脳や体内の神経や健康力にも効果がある成分もないと、
効率よく増大・精力効果が発揮できないのだ。

100前後の成分のそれぞれの効果を発揮する効率を求めた結果、
健康サプリのように錠剤やカプセルを1つにせず、
2種または3種と分けた方が
成分自体も微量にならず、
それぞれに役割を持たす事もできる(ペニス増大が3構造であると言われる)、
最も効率がいい方向へと進化していってるのだ。

健康、精力サプリは
シトルリンやマカなど名前を売りにするだけで
昔から何も進化してない
せいぜい量とか質とかだろ。
健康力は上がってるかもしれないが
精力効果が進化してるってのは聞いた事ないぞ。

成分は多い方が良い!全部が混ざり合った相乗作用力が重要

最後に精力・増大に必須の成分だが
・馬やサソリ、蛇系など動物系精力成分
・マカやトンカットアリなど植物精力系成分
・ワイルドヤムやニームリーフなどの植物系健康成分
・シトルリン、アルギニンなどアミノ酸
・ビタミンやミネラルなど
バランス良く配合されてる事が大事だ。
そうなると結局、
60以上の成分が必要となってくる。
60以上を超えてくると、だいたい必須成分は網羅されているので、
あとはバランスにかたよりなく、精力重視であれば良いだろう。

実際、効果検証してるところでもシトルリンやマカ系サプリはダメみたいです。
【注意!】シトルリンがメインのサプリ被害報告増加
【シトルリンはアカン】DHCやNOW、協和発酵などシトルリン系サプリとゼナフィリン増大効果
【マカは効果薄!!】マカ系サプリとゼナフィリンとの飲み合わせ増大
健康維持くらいに思っていた方がいいですね。

記事評価

【バカでもわかるw】ネットで出回るペニス増大サプリの評価比較表! 4.02/5 (62)

先日、ペニス増大サプリの評価比較表が「神々の口コミ」ってサイトで公開されたな。俺も協力させてもらった。
数年以上、数十種以上の経験あるマニア達の評価を見やすく表にしたものだ。

(参照:【巨根化】神ペニスへ増大の道様、「【神版】ペニス増大サプリの口コミからの効果とスペック比較表」より、かなり多くのサプリがのってるぞ!)

こうして見ると色んな事がわかるって事だな。
まあそのサイトに書いてある通りだが、「進化してる」って事、
そして昔と今と値段が同じことから、最新の方が良い、損をしないって事がわかるな。

この表が重要なのは、ネットで売られている増大サプリはサイトにいつ発売されたなんて表記がないから、「最新」かなんてわからない事が一番問題で、それを示してくれているところだな。
当然検索で調べようとしてもわからない。アフィリエイターにウソをつかれればそれまでだ。
さらにネット検索なんて、新しいのが1番に出てくるわけじゃないからな。
むしろネットの原理で言えば、昔からあるものが1番にでてきやすいだろう。
結果アフィリエイター多く潜む数年前の増大サプリを選んでしまい失敗する、というようなスパイラルだな。

「成分数」「構造」「タイプ」、これに着目すると、確かに昔と今では雲泥の差があるな。
・成分10と100
・1構造と3構造
・1タイプと3タイプ
どれも効果に直結する事項だろう。いやそれだけでなく、副作用、健康にも関わってくる

実際こういった事を頭に入れておかないと、「最新」だからといって必ずしも3タイプ、成分100種であるわけでないから、損や失敗を招く
事実、この表にはのってないが、最近登場したものであっても、儲けようとしているのか1タイプのモノ、成分10のモノは登場している。

バイアグラ等の「精力剤(単なる勃起目的)」であれば1タイプで十分、普通であるが、
ペニスのサイズを大きくるってなると、技術が進歩しているとはいえ、構造上どう考えても1タイプで作用するとは思えん
単なる精力アップ、健康サプリだよな。

あと書いてないが、最新のペニス増大サプリの特徴として「目的別」つまり「特徴をもった」モノが多い。
例えばアデロインは「40オーバー推奨」だとか、リノゲインは「増大特化」だとか、ベファインは「根本(基礎)強化」だとか。
そういった事も知識としてあると、適したものを選べるだろう。

あくまで俺の意見だが、そもそも1万以下のもんなんて効かないと思っている。なぜなら表でもわかる通り、「いいものは作れない」からだ。
中途半端に金払って、なんとなくで終わるパターンだ。
せっかく1万以上払うわけだから、失敗ないように知識を身につけて選んでほしい。
そしてアフィリエイタ―サイトによって古いモノ、そもそも効かないモノで失敗する人が少しでも減ってほしい。

もちょっと詳しいスペックに着目したサイト
【効果なしを見極め!】ペニス増大サプリのスペック比較
スペック=効果なのがよくわかる。

記事評価

【損害注意】アフィリ商品のペニス増大サプリの実態! 4.11/5 (87)

最近悪質なアフィリエイターが増えてきている事は言うまでもない。
そのアフィリエイターについての注意点と共に少し語ろう。

ペニス増大サプリの歴史は長く十数年といった歳月が流れ、アフィリエイターも悪進化してきた。
初めはその商品を売る為だけに、その商品を嘘でも良く見せるといった手法だったのだが、近年は他の人気商品につけ込んで宣伝してくる。
もっと悪質なのになると類似品に見せかけ購入させるケースもあるという。
代表的な手法として、ユーザーがこの商品がいいと思っても「それは全く効かず、こっちの方が効いた」などと惑わせてくる。

まあそのアフィリエイターが宣伝する商品が効けば結果的に問題ないのだろうが、俺の元にも被害の声が届いてくるし、
ペニス増大サプリ、精力剤などの検証を行っている有名な「精力剤大捜査線」さんも実際に実践して注意を促している。
(当サイトでもそういったアフィリエイターが扱う商品は注意を促してる)

悪質アフィリエイターの共通点

悪質アフィリエイター、扱う商品には共通点がある。
騙されない為にも知識として入れておいて損はない。

【共通点1】扱う商品が同じ

悪質アフィリエイターの共通点として「同じ商品」を扱っていることが殆どだ。
例のゼファルリンは数多くのアフィリエイターが存在するから、違ったテイストのサイトが多くある。
商品は1つではない事が多く、ゼファルリン、シトルリンXL、シドルフィンEX、ゼノシード、ベクノール、BLAZERα、ゼノファーEX、Going、ヴィトックスα、ヴォルテックス、マカエンペラーなどと一緒に売られている。
これはアフィリエイターが1つの商品だけでなく、多数の商品と契約してる為である。

扱う商品を1つに絞って個人ブログにして信憑性を持たせ効率的に稼ぐやつもいるが、
多くの場合は比較やランキングサイトで取扱い商品をどれも効果的に見せ幅広く売ろうとするパターン。

【共通点2】そもそも商品が古い

そして最も多い共通点、マイナスポイントとして「商品が古い!」いや古すぎる!
まあ古いから売れなくなってアフィリエイタ―が存在すると言えばそれまでだが。
例えばシトルリンXLなんかは10年くらい前のものかもしれない。
全体的に5年くらい前の商品が多い印象だ。

極端に言ってしまうと「増大サプリは最新ほどいい」
値段に誤差がない場合、そうやって選んだ方が失敗が少ない。
例えば、未だ1タイプ(種類)であったり、成分数が少なかったり、その時点で損をしている。
ベファインやアデロインが成分100なのに対し、上記のような古いサプリの多くは成分計10にも満たないものも多く、同じ金出すなら多く入ってるモノに出したいし、体にも良くないだろう。

【共通点2捕捉】成分数で選べば損する事はない

体によくないという話をもう少しすると、ベルタミンやゼナフィリン、ベファインが何故に評価されてるのか説明する事で分かるのだが、
これらには多くの成分が入っているので、「相乗効果」に期待でできる点、
もう一つは胃腸を整えたり、アンチエイジングだったり「体調ケア」の成分が多い為、健康的に良いという事なのだ。
必ずしも成分数が多いからと言っていいわけではないが、1つの選ぶ基準として頭に合った方がいい知識である。

【共通点3】最悪!誤認・錯覚を利用する

「実は違う商品だったのではないか?」というのも耳にする。
確認はできていないが類似品といった可能性がある。
悪質なアフィリエイターとのなれば、そういった「錯誤」を利用してくるのも考えられる。
特に悪質なアフィリエイターは、人気商品をターゲットとし、ドメインも人気商品の名前で取って誤認させるなどの技を使う。

正しい情報収集と購入

ではどうしたら正しい情報を集め、正しく購入できるのか。

まず、情報集めは
明らかなアフィリエイターサイトの情報は無視してしまおう。
ランキングサイトであっても自商品だけしか勧めていないからだ。
知恵袋も危険、多くのアフィリエイターの自作自演が多い。
とりあえず信用できそうなブログの情報を中心とした無難。

そして目当ての商品が決まったら購入するのだが、注意点。
例えばその商品で検索した時に「公式ぺージ」「購入ページ」が必ず上位に来ているとは限らない。
そういう人を狙って、「全く同じ作りの公式ページが存在する可能性もある」ので、安易にいきなり公式ページ、購入ページであろうページから購入するのは注意。
先にも言ったが似たようなドメインを取ってる場合もある。

なので信頼できそうな個人的なブログに購入した先のリンクがあれば、
そこを辿って公式購入ページに行くのが一番安全だろう。

信用できそうなブログサイトの見分け方だが、コメントに着目すれば容易にわかる。
たいていのアフィリエイタ―のブログサイトにはコメントがない。

まあ俺のサイトももちろん参考にしてくれても構わないが、もっと自分で調べるのも大事だと思うし、「精力剤大捜査線」でも一部の人気商品に関しては、被害者がでないよう正しいリンクを教えているようだ。
先ほど上げた最新のベルタミンやベファイン、ゼナフィリンなどは、被害者が出ないよう大捜査線のメンバーや「STAND JAPAN(精力向上団体)」が購入から使用結果のブログを検索時上位にもってきているので参考にすると良い。コメントも多く、実際に多くのユーザーが参考・交流しているので信頼できる。

ランキングサイトや多くの増大サプリを実践して評価をつけているサイトがあるが
精力剤大捜査線のような大規模な団体でない限り、まず多くの増大サプリを個人あるいは数人レベルが試しているという事は考えられないだろう。

近年増大サプリの性能が向上する一方で、アフィリエイターが扱う商品は古く、正しい情報をキャッチし辛いので、今後ユーザーにもそれなりに知識を得る必要がある。
精力剤に関しては増大サプリより更に多くの悪質なアフィリエイターが存在するので注意してもらいたい!
みんなで惑わされないようにしようぜ!

他サイトだが
【アフィリエイター危険】ペニス増大サプリの真の知識
でも同じようなことが言われている。

記事評価

【ペニスに悪影響】増大したくばオナニーを極めろ! 4.01/5 (82)

オナニーとペニス増大

オナニーのし過ぎは増大サプリに含まれる増大促進効果を妨げると考えられている。
オナニーを毎日やってる奴に限ってだが、30代中盤ー40代になってペニス障害を引き起こす奴が多い。

オナニーし過ぎの奴が陥る障害

オナ禁
・ペニスが小さくなる
・中折れが激しい
・常に8割立ち
・早漏or遅漏

原因はオナニーのし過ぎはもちろん、その質にあったのだ。

オナのし過ぎで早漏や勃起障害になる奴の共通点

オナニーで悪いとされているのは
・快感のマンネリ→寸止め(早漏、遅漏、中折れなど全て引き起こす)
・同じネタ(想像が乏しくなる)
・同じタイミングでイク(自分勝手にイク癖→早漏)
・皮オナニーまたは鬼頭オナニー、こすりオナニー(性機能低下)

これらを継続していると、性機能が低下していき上記のような症状を引き起こすのだ。
身に覚えがあれば、当然増大サプリは効きづらいだろう!
増大サプリも使用していないという奴は、悪い事は言わない、至急対策しなければ30代後半でインポ、モテない、女からショボイと思われる確定だ。
よってオナニーを改善しなくてはならない。

オナニー改善策

・最低でも週1-2
・なるべく違うネタ。動画ならジャンルを変える。
・フィニッシュが早い奴は我慢する
・TENGAなどのローションを使用し違う快感を得る
・仮性包茎の奴は皮オナニーなどせず、限界まで剥いてから上下にきちんとやる。

要は同じ刺激を与えて行く事は精機能全体、基盤なるものが低下していくってことだ。とりあえずマンネリを避ける事が大事なのだ。
増大サプリで少しでも増大効果を出そうとしてる奴はみんな実践してるぞ!
成功を願う!!

なお、ペニス増大とオナニー、オナ禁の関係性について詳しい情報があるので参考までに。
【神情報】ペニス増大の為のオナ禁と正しいオナニー

記事評価

【勃起に重要】固いペニスに必要な成分 3.64/5 (66)

固い勃起に必須の成分

一部、【効果なしを見極め!】ペニス増大サプリのスペック比較さんより引用させてもらった。
これらが入ってる成分を選ぶと結果がでやすいかもな。
入ってて当たり前と言うべきかもしれないが。
L-アルギニン ★☆☆
L- アルギニンは、天然に存在するアミノ酸の一つで、身体の成長には欠かせない成分。体内で一酸化炭素を精製し、血液の流れをよくします。さらに、ホルモン分泌を促す効果や精子を増やす効果があるとされていて、古くから精力増進に効果的な成分として注目されています。
L-シトルリン ★☆☆
すいかから発見されたアミノ酸で一酸化酸素を生成し、増やす働きから、血流をよくして血管を広げます。全身の血流がよくなり、海綿体が充血しやすくなることから、精力増強効果が期待されています。
亜鉛 ★☆☆
体内でたんぱく質を生成し、ホルモンの成長を助けます。前立腺の働きを助け、生殖器官を発達させる働きや、精子を増やす働きの他、ビタミンB6と併用すれば、勃起不全解消に効果的とされています。
マカ ★☆☆
ビタミンやミネラル、アミノ酸を豊富に含む完全食。勃起不全薬に使われる事が多いのは、「アルカロイド」「デキストリン」を含んでいるから。 アルカロイドはストレス性の心因性インポテンツに効果的で、デキストリンは陰茎の血流を活発にします。
トリビュラス ★☆☆
トリビュラスは筋力UPの他、精力増強、性機能の改善効果があるとされています。副作用のない精力増強剤として、アメリカでは人気のハーブです。
トンカットアリ ★★☆
別名を「森のバイアグラ」と行われるマレーシアのハーブで、滋養強壮効果が高いと言われています。男性ホルモンの分泌を促す効果の他、スタミナ増強効果や精子を活発にする働きも。
ヨヒンベ ★★★
西アフリカに生息する樹木で、アメリカでは、勃起不全改善薬としてFDAの認可を得ています。ペニスに流れこむ血流量を増やし、自律神経系に影響してペニスを刺激します。さらに、自然界に存在するもっとも強力な媚薬とされていて、催淫剤としての効果も。
ガラナ ★★☆
南米に自生する蔓植物で、種子を砕いて炒ったのがガラナエキスです。ガラナに含まれるカフェインが、脳を興奮させてアドレナリンが出るため、血流が活発になり精力を高めると言われています。ガラナには脳の快楽物質であるドーパミンを高める働きもあるので、満足感や陶酔感を得ることもできるとされています。
アシュワガンダ ★★☆
インドの朝鮮人参、自然のバイアグラとも呼ばれる滋養強壮ハーブ。インドでは、伝統医療であるアーユルヴェーダで用いられています。精力の増強の他、睾丸の重量増加や、精子を増やす働きもあるとされています。
赤ガウクルア(ソフォン)★★☆
タイのメコン川流域に生息する熱帯植物。ホルモンの分泌を促す効果があり、ホスホジエラスターゼという勃起を終わらせる酵素を妨害して、勃起を持続させる働きをします。
ムイラプアマ ★★★
南米のアマゾン流域、湿地帯に生息する潅木で、強力な精力増強作用があります。そのほか、神経システムを調整し、ホルモンバランスを整える効果もあり、特に根の部分が薬効が高いとされています。
トナカイの角 ★★★
鹿茸(ろくじょう)と呼ばれて強精、貧血に効く。ED(勃起不全)で悩む人への臨床実験により、トナカイ角が勃起の改善に効果のあることが確認されている。

あまり記載しなかったが
動物系成分が勃起には強いという情報はキャッチしている。

成分100種超えのボルギア3やべファインなどには全て配合されている。
当然といったところだろうか。

記事評価

【知っとけ】ペニス増大サプリの基礎知識 3.74/5 (58)

日本人男性の実に3割以上ペニスにコンプレックスを持っていると言われている。
短小、早漏、勃起不全、性欲減退、中折れやED…
それを克服しようと、今頑張っている方、これから試そうという方は実に偉い!!
なぜならコンプレックスに対し「努力」していこうと考えているから。
ペニスの色々な悩みを抱えて、実践し克服した俺の知識や経験を是非、参考にしていってくれ!

なぜペニス増大サプリなのか

ペニス増大には一般的に手術や塗り薬、器具、サプリという手段があるが、
手術には、高い費用がかかるし、元に戻ってしまうというリスクがある。
出回っている塗り薬は主に早漏改善のものが多く、増大系にしても一時的である。
器具は「アンドロペニス」というのが有名だが、アソコをトレーニングでデカくするというのは、ペニスを傷つけるというリスクや戻ってしまうというリスクがある。
お金をかけたくない…という奴がいるが努力だけでできる程、アソコを大きくする事は容易ではない!

増大サプリは、バイアグラなどの一時的なものと違って、長期効果も期待できる。
また飲むだけという手軽さも選ばれる理由の一つだろう。
そしてペニス増大サプリは、増大だけの効果だけではなく
性欲増進、勃起力アップ、ED克服、中折れ改善、早漏克服など
様々な効果が期待できる。
それ故、人気が衰えないのではないだろうか。
特に中折れや早漏なんかは、俺もそうだが改善できたという声が多い。

ペニス増大のしくみ

ペニスが硬く増大するのは、性的刺激を感じ取ると、グアノシン一リン酸 (cGMP)という神経伝達物質を分泌するからで、大量の血液がペニスに流れ込み、海綿体と呼ばれる器官に吸収され、大きく膨張する。これが『勃起状態』
よってサプリによるペニスの増大には、血流や血液の量を増加する事によって、平常時の増大、勃起力や硬さ、EDなどの改善にも効果が期待できるだ。

2013年辺りに書いた記事なので、軽く頭に入れておく程度で。
ペニス増大に関しては「ペニス増大ハテナ」を参考に!

記事評価